【2021年最新】人気のウォーターサーバー25社を6項目で徹底比較!

【妊娠中から幼児期まで】ウォーターサーバーが子育てに便利な理由

2020.11.26
2020.12.14
     

普段の飲み物やお料理にとても便利なウォーターサーバー。
大人が使うのにも活躍してくれますが、お子さんの成長に合わせて使い分けるともっと活躍の場が広がります。
妊娠中からお子様が大きくなるまで、どのようにウォーターサーバーが活用されているのかを、ご紹介します。

妊娠中は、大切な赤ちゃんにきれいな水を届けるために

生後5,6か月までの赤ちゃんの主な食事は、ミルクです。
母乳で育てる場合、赤ちゃんはママの体を通して栄養を摂取するので、水も良いものを摂取しましょう。
水道水を飲んでも基本的には問題ありませんが、つわりがひどいと塩素やカルキのにおいが気になって飲めないという方や、塩素が及ぼす悪影響が気になるという方もいるので、ミネラルウォーターなど、水道水以外を摂取するのがベター。
ですが、ミネラルウォーターであればどれでもいいわけではないので注意が必要です。
ミネラル分の多い硬水の水を選んでしまうと、赤ちゃんの腎臓に負担がかかってしまう可能性があるので硬水はNG。軟水のミネラルウォーターなら、ミネラル分が少なく、赤ちゃんへの影響も安心ですよ。

産後~授乳中はミルク作りに大活躍

赤ちゃんが夜泣きしてしまった際、いちいちお湯を作るところからミルクづくりを始めないといけないとなると、時間がかかってしまうし、面倒・・なんてことありますよね。
ウォーターサーバーがあればすぐにお湯が出せるので、泣いている赤ちゃんを待たせることなく、手早くミルクを作ることができます。
卒乳後にお水を飲めるようになっても、安心安全なウォーターサーバーのお水を飲ませてあげられますし、離乳食作りでも、少量のお湯をわざわざ沸かす手間が省けて便利ですよ。

お子様が大きくなってきても、毎日の健康や夏の熱中症対策に

お子様が大きくなって色々なものを飲めるようになると、糖分の多いジュースばかり飲むようになってしまうのではないか・・と心配になりますよね。そんなときもウォーターサーバーは大活躍。
ウォーターサーバーがあれば、水を飲む習慣をつけることができて、お子様の健康管理もしやすくなるんです。
ですが、お子様がお水を出して遊んでしまったり、ましてやお湯が出てしまったらやけどが心配・・・なんてことも。
そんなときは、チャイルドロックが搭載されていて、いたずらや事故防止できる機種がおすすめ。
ウォーターサーバーを選ぶ際には目安にしてみてくださいね。

お子様の成長とともに利用方法を変えて、賢くウォーターサーバーを活用しましょう!

Close