【2021年最新】人気のウォーターサーバー25社を6項目で徹底比較!

新型コロナ到来。ウォーターサーバーができること

2020.11.30
2021.01.04
     

2020年、世界中で猛威を振るっている新型コロナ。
感染リスクを避けるべく「新しい生活様式」への転換が求められてきている中、「新型コロナ対策」としてウォーターサーバーが役に立てることはあるのでしょうか?いろんな角度から検証してみました。

「ウォーターサーバーの水でコロナ予防になる」ということはない

当たり前のことですが、ミネラルバランスに優れているとはいえ、ウォーターサーバーの水がコロナに効果的・・・ということはなく、医学的な効果などは今のところ実証されていません。これは天然水もRO水も同様のこと。
「コロナ予防におすすめですよ」といった言葉で、強引に営業してくる業者もいるかもしれませんが、根拠のないセールストークなので気を付けてくださいね。

「三密」回避や、不要不急の外出を避ける手助けにはなる

ウォーターサーバーがあれば、業者がご自宅まで水を届けてくれるので、ペットボトルの水などをスーパーやコンビニに買いに行く必要がなくなります。
買い物に行く回数や時間が減るので、コロナ対策として提唱されている「三密」をできるだけ避けることができて、不要不急の外出も減らせるので、感染リスクを下げることができるかもしれませんね。
また、コロナ渦のなかで新たな生活様式として注目されているのが、「在宅勤務」や「STAY HOME」。家にいることが増え、より「おうち時間」を快適にしたいという方も増えています。
そんな中で、すぐにおいしいお水が使えるウォーターサーバーは活躍してくれること間違いないですね。

製造工程でウイルスが付着したりしないか?各メーカーの発表をチェックしておこう

コロナに限らず、基本的にはどのメーカーも製造工程で人の手や外気に触れない仕組みを徹底しているので、ウイルスや菌が付着する心配は極めて少ないといわれています。
さらに殺菌処理(メーカーによっては加熱殺菌も)も施されているので、衛生面は安心。
店舗で販売されているペットボトルなどは、流通経路や店舗にある間に、誰が触ったかわかりません。
ウォーターサーバーの水の容器は触る人間が限られているので、店頭のペットボトルよりかは菌が付着してしまうリスクが少ないといえるのではないでしょうか。

コロナへの対策や見解などは、主要なメーカーなら公式サイト上でもアナウンスしています。
当サイトが調べた限り、特に問題やリスクのあるメーカーは今のところ見受けられないので、安心してウォーターサーバーを生活に取り入れてくださいね。
気になる方はメーカー公式サイトの情報もぜひチェックしてみましょう。

Close