【2021年最新】人気のウォーターサーバー25社を6項目で徹底比較!

ウォーターサーバー比較サポート

法人向けのウォーターサーバーを選ぶ際のポイント

2020.12.11
2020.12.14
     

近年、従業員用や来客用にウォーターサーバーを導入する法人が増えてきています。
では、なぜ導入するところが増えているのでしょうか?
今回の記事では、法人がウォーターサーバーを導入するメリット、「使う場合は費用がどのくらいかかるのか?」「法人におすすめのウォーターサーバーはあるのか?」などをご紹介していきます。

法人がウォーターサーバーを導入するメリット

企業がウォーターサーバーの導入をする理由は、従業員の満足度をあげるためで、「福利厚生の一環」としてオフィスに置いているケースが目立ちます。
事実、ウォーターサーバーを導入した企業では、多くの人が利用しており、従業員からの評判も上々。
仕事中の気分転換や息抜きとして、「モチベーションの維持に役立っている」「作業効率が上がった」という声も聞かれています。
更に、災害時に従業員の飲料水を確保する手段としてウォーターサーバーを設置している企業も少なくありません。
また、病院や来客の多いオフィスでは、お客様への「おもてなし」として活用されています。
お客様が来てから、お湯を沸かして飲み物の準備をすると時間がかかってしまいますよね。
しかし、ウォーターサーバーなら、「冷水」も「温水」も出せるので、夏は冷たいお水、冬はあたたかいお茶やコーヒーをすぐに用意することができるので便利です。

法人の場合の利用料金は?

法人の場合、一般的に家庭で使用するより水の消費量が多くなるため、一番かかるコストは「水代」です。
水代が高いウォーターサーバーを選んでしまうと、予想以上に月々の費用が高額になってしまう可能性があります。
そのため、ウォーターサーバーの水代をできるだけ抑えたい場合は、水代が安いメーカーや、水を多めにお届けしているメーカーを選ぶと安心です。
また、ウォーターサーバーを複数設置しようとしている場合は、「電気代」も馬鹿にならないため、電気代が安いメーカーを選ぶのもポイントです。

法人向けのプランがあるメーカーも

ウォーターサーバーメーカーの中には、法人に向けてお得なプランを用意しているところもあります。
従業員の人数が多く、水の出費がかさんでしまいそうな場合は、法人向けのプランで契約した方が、月々の費用を抑えられる可能性があるのでおすすめです。
ただし、法人向けのプランは、水をたくさん使うことが前提になっていることが多いので、水の受け取りノルマが他のプランよりも厳しくなっている場合があるので注意しましょう。
逆に、ウォーターサーバーの利用者が少なく、消費量が少なそうな場合は、水の購入ノルマがないメーカーを選んだ方が安心です。

ウォーターサーバーは1台あるだけで、従業員の息抜きや、お客様のおもてなしをしたい時など、幅広い使い道があります。
そのまま飲んでも、お茶やコーヒーを淹れても、ウォーターサーバーの水を使うと、ワンランク上の味わいを楽しめるのが魅力です。
水を多く消費しても安心な法人向けプランも検討しながら、みなさんのオフィス、病院、店舗などに導入してみてはいかがでしょうか。