【2021年最新】人気のウォーターサーバー25社を6項目で徹底比較!

ウォーターサーバー比較サポート

【食べ物編】ウォーターサーバーがあるとこんなに便利!

2020.12.01
2020.12.14
     

ウォーターサーバーの水は、ただ飲み水として利用できるだけではなく、料理を作る際も活躍してくれます。
カップ麺やインスタント食品をもっと手軽に食べられたり、本格的な料理に使うと、素材の味を引き出してくれます。
そこでこの記事では、おすすめの使い方をご紹介いたします。

カップ麺やインスタントスープがもっと手軽に

疲れて料理が面倒くさい時に便利なのが「インスタント食品」。
お湯を注いで数分待つだけで、温かい食事が食べられるので、カップ麺やインスタントスープは忙しい人の強い味方ですよね。
しかし、何もやりたくないほど疲れ切っている時には、「お湯を沸かすことすら面倒だな・・・」と思う時がありませんか?
そんな時に、頼りになるのが「ウォーターサーバー」です。
お湯を沸かす手間もなく、ボタンやレバーを押すだけでお湯が出て、すぐにインスタント食品が作れます。
また、「乾燥しいたけ」や「乾燥わかめ」などの乾物食品を、早く戻したい時にも、ウォーターサーバーならすぐにお湯で柔らかくすることができるので、時短調理に便利です。

汁物や鍋料理にも

汁物や鍋料理を作る際に大事な「だし」。
だしを取るのに適しているのは、硬度25~30mg/Lの軟水と言われています。
日本の飲み水の主流は軟水のため、和食は基本的に軟水で作ることが前提となっています。
更に美味しいだしを取るなら、軟水との相性が良く、風味が引き立つ材料を使うのが理想的。
その点、ウォーターサーバーのメーカーが取り扱っている水は、基本的に軟水なので、和食を作るのに向いています。
ウォーターサーバーの水を使って調理すれば、素材の味を引き出した、ワンランク上の料理がつくれます。
「水を変えるだけで、こんなに味が変わるの?」と、驚く人も少なくありません。

おすすめは何といっても「ご飯」

日本人の主食である、「お米」。
頻繁に食べるものなので、やっぱりおいしいご飯を食べたいですよね。
お米は水を吸収して膨らむため、使う水が「味」や「炊き加減」を大きく左右します。
そのため、おいしいご飯を炊くなら、おいしい水を使うことが重要。
ウォーターサーバーなら、各地のおいしいお水を取り揃えているので、ご飯を炊く時にもピッタリです。
特に天然水を使うと、よりふっくらつやつやなご飯が炊けるのでおすすめ。
ただし、ウォーターサーバーのお水を使ってご飯を炊く時には、洗米の段階からウォーターサーバーの水を使うのがポイント。
なぜなら、お米は最初の水を一番吸収するからです。
「洗米するのにウォーターサーバーのお水はもったいない…」と思う人もいるかもしれません。
しかし、お米を研ぐ時に水道水を使ってしまうと、後から使用するウォーターサーバーのお水の良さが十分に引き出せなくなってしまいます。
これまで洗米に水道水を使っていた人は、今回ご紹介したおいしいご飯の炊き方を参考に、どれだけ炊き上がりに差が出るのか、是非試してみてください。

ウォーターサーバーは、ご飯もだしもワンランク上の味に仕上げて、お湯を使った時短調理にも役立つ優れもの。
一度使い始めたら「便利で手放せない!」と感じるファンも多くいます。
また、常時お湯が利用できるので、「お湯を沸かす手間が面倒」というズボラさんにもピッタリです。
ウォーターサーバーの水を幅広く活用して、毎日の食事をもっとおいしく楽しんでみましょう。