【2021年最新】人気のウォーターサーバー25社を6項目で徹底比較!

【飲み物編】ウォーターサーバーがあるとこんなに便利!

2020.12.01
2020.12.14
     

ウォーターサーバーの水にはミネラルがバランスよく含まれていて、かつ日本人の口に合いやすい軟水になっています。そのため、普段の飲み水としてだけでなく、コーヒーやお茶を淹れるのにもおすすめ。
そこでこの記事では、冷水も温水も手軽に出せるウォーターサーバーならではの活用法をご紹介しますね。

ウォーターサーバーの上手な活用法とは?

ウォーターサーバーを使って「コーヒー」や「紅茶」を淹れると、適当に作っても美味しくできますが、コツを知っておくと、更に風味豊かな味わいが楽しめます。
具体的にはどんな部分に気をつけたら美味しく作ることができるのか?
飲み物を美味しく作るコツや、ウォーターサーバーの「白湯」を利用した健康法をチェックしてみましょう。

コーヒー

おいしいコーヒーを淹れるコツは、「豆の種類」「豆の挽き方」「焙煎方法」などがありますが、実は「水」もコーヒーの味を左右する重要な要素です。
特に、コーヒーを淹れるのにおすすめなのはミネラル分の少ない「軟水」
硬水の場合、水に含まれるミネラル成分が多く、コーヒーの主成分である「カフェイン」や「タンニン」の抽出を妨げてしまうため、コーヒーには向いていません。
その点、軟水はコーヒー豆の味や香りをそのまま引き出し、苦味や渋みの少ないまろやかな口当たりになるのが魅力です。
そして、コーヒーの味や香りを本格的に楽しみたければ、やはりインスタントより「ドリップ」の方が断然風味が上。
しかし、ドリップの場合、器具を用意して、お湯を沸かし、豆を蒸らして、コーヒーを抽出…となると、手間と時間がかかるのが難点ですよね。
そんな時は、コーヒー機能がついたウォーターサーバーを選ぶと、自宅で手軽に本格的なコーヒーが楽しめるようになるので是非チェックしてみてください。

お茶

お茶の場合は、茶葉によって合う水の種類が変わります。
日本茶の旨味を引き出してくれるのは「軟水」ですが、紅茶等の香りを楽しむお茶は「硬水」が適しています。
更に、温かいお茶を入れる場合は、お湯の温度も重要。
90℃以上だと渋みが強くなってしまい、逆に90度以下だと風味が良くなるという特徴があります。
ウォーターサーバーのお湯は、一般的に80℃~90℃に設定しているメーカーが多いので、お湯の温度をイチイチ調整するわずらわしさもなく、美味しいお茶を簡単に入れることが出来るのが魅力です。
先ほど紅茶には硬水が適していると書きましたが、私たち日本人は、普段口にしているのが軟水のため、人によっては紅茶を作る時でも硬水より軟水のほうが飲みやすいと感じる場合があるかもしれません。

白湯

最近、健康や美容に敏感な人たちの間で注目されている「温活」をご存知ですか?
温活とは、健康を維持するために、適正な体温まで基礎体温を上げる活動のことです。
体温をあげることによって、「冷え性の改善」「免疫力の向上」「不眠症の改善」「ダイエット」などに効果が期待できます。
そして、手軽な温活方法として便利なのが「白湯」です。
温活は体が冷えた時だけ体を温めるのではなく、常に体を温めて冷えを予防することが大事なので、いつでも白湯を飲める状態にしておくと便利です。
その点、ウォーターサーバーは、いちいちお湯を沸かさなくても白湯を簡単につくることができるので、日常的に取り入れやすいというメリットがあります。

活用方法は様々。お気に入りの使い方を見つけて、ウォーターサーバー生活を楽しみましょう!

Close