【2019年最新】人気のウォーターサーバー24社を6項目で徹底比較!

ウォーターサーバーで飲める天然水の人気事情とは?

     

ウォーターサーバーを利用して、おいしい水を手軽に家で飲めると、とても便利ですよね。ところで、ウォーターサーバーの中に入れる肝心の水の種類は、産地や濾過方法などによって数多くあります。

ウォーターサーバーを利用したことがない人や、水にあまりこだわってこなかった人にとっては、どれを選べばいいか悩んでしまうものではないでしょうか。

そこで、ウォーターサーバーに入れたい水の銘柄について、アンケートをとってみました。

【質問】
ウォーターサーバーで飲みたい水は?

  • 【回答数】
  • 富士山の水:36
  • 北海道の水:23
  • 長野の水:4
  • アルプスの水:37

アンケートの結果、アルプスの水が一番人気のある銘柄であるという結果でした。

  • ・なんとなくアルプスというネーミングが雄大な自然が浮かぶので飲みたいと思います。
  • ・市販の飲料水でよく聞く名前なので、味の良さと品質の良さに安心感があります。
  • ・ネーミングがおいしそうだし、新鮮で冷たく飲みやすそうなイメージがあります。

一般的には、アルプスという名前を聞くと、ヨーロッパや日本にあるアルプス山脈の、美しく雄大な自然風景を思い浮かべる人が多いようです。

ネーミングだけでも、水が美味しそうなイメージを与えているのは確かであることが伺えました。

また、似たような名前のミネラルウォーターが店舗で数多く売られているためか、有名どころなら安心だと考える人も少なくないのかもしれません。

【関連ページ】水の種類

他の銘柄も、豊かな自然のイメージが先行しやすい!

今回のアンケートでは、富士山の水が2番目に人気があり、次いで北海道の水、長野の水の順でした。

  • ・富士山と言えば、鉄板の人気どころであるから。
  • ・北海道の雄大すぎる自然に磨かれた水は美味しそうだなと思うので。
  • ・長野の水は柔らかくてとてもいい味がするので、長野の水が一番いいと思います。

富士山と言えば、日本で一番高い山であり、やはりその壮大な姿と自然が豊かであるというイメージがあるようです。

日本で有名なものや代表として挙げられることも少なくない富士山ですから、人気というイメージを抱きやすく、富士山の水を選びたくなるのかもしれません。

また、北海道に関しても面積が広く、森林や湿原などの自然豊かな地域が残されており、これが水がおいしいという印象に繋がっているのではないでしょうか。

長野県では、戸隠の湧き水など、軟水の銘柄が数多くあるため、長野の水に関しては飲みやすい水が多い、という先入観があることが伺えました。

銘柄のネーミングがおいしそうなイメージを与えることもある?

今回のアンケートの結果を踏まえると、銘柄の名前に「アルプス」や「富士山」といった、豊かな自然のイメージを持てるかどうかが、人気が出るかどうかの分かれ目となるのではないかと考えられました。

実際には、肝心の中身にあるミネラルの成分や飲みやすさなど、銘柄によって異なる部分もあり、飲み比べるのも一つの手だと考えられますが、現状ではネーミングの方が重視されている傾向があるようです。

有名どころであったり、人気な場所であると選びやすいことも伺えましたが、単に自分の好きな場所やお気に入りの場所を選んでいる人がいる可能性もあるのかもしれませんね。

  • ■調査地域:全国
  • ■調査対象:年齢不問・男女
  • ■調査期間:2015年1月20日~1月30日
  • ■有効回答数:100サンプル
Close